INTERVIEW 先輩インタビュー 04

技術部
充実の設備が高度な技術力を支える。
チームプレーでの仕事にやりがいを。
PROFILE
K.M ※名前をイニシャルで表記しています

技術部
2012年入社

ハード面の充実が魅力。研究に没頭できる好環境

大学院で材料化学を専攻していたことと、実家が建設ゴムの近くにあり、幼い頃から看板をよく見ていたことで馴染みのある会社だったということが、面接を受けるきっかけになりました。会社見学の際、ゴムを一から作る設備や分析装置、またあらゆる環境を再現できる試験機など、テクニカルセンターの設備の充実に感動し、私も自由にこれらの設備を使って研究したいと思ったことが入社の決め手です。私の担当は、OA機器用のゴムローラー部品の立ち上げや、ガスや水道などをはじめとした樹脂部品の製造技術開発です。具体的には、試験片や試作品を加工して評価を行い、性能や量産方法を検証しています。評価結果に基づき独自の管理指標を設け、高い品質を維持した状態での量産が可能となるよう、協力工場への依頼や指導も行なっています。私たちだけでは成し得ることができないことも、協力工場とともに手を携えてものづくりに関わるところに、この仕事の醍醐味を感じています。

K.M

ものづくりの難しさを経験することで成長できる

当社の技術部は、ゴムやプラスチックの知識や技術に特化していますが、新規事業にもチャレンジしています。最近は、弊社初となる「ロボットシステム」を使った流量計用パッキン部品の立ち上げに携わりました。専用装置やロボットの選定、検証は順調でしたが、量産前に問題が発覚。少数なら良品が作れても、連続生産すると不良品が多発。なかなか原因がわからずに、苛立ちと悔しさを感じるばかり。協力工場とともに根気よく検証を重ね、データを蓄積し、やっと導き出した理論が合致。思い通りに製品が作れるようになった時はとても爽快でした。何より、お客様が喜んでくださったので嬉しかったです。この時に経験した、本当の意味でのものづくりの難しさは、その後の私自身の仕事に対する考え方にも大きく影響しています。

自分らしく働けるのは、思いやりにあふれる職場環境だから

技術部の事務所はとても静かです。みなさん真剣に仕事に打ち込んでおり、私も刺激を受けて仕事に集中する毎日です。そんな中、試作品を作製する際、困ったことがあれば上司や先輩は親身に相談にのってくれるため、安心して仕事を進めることができます。上司や先輩方の高い技術力にはいつも圧倒されるばかり。今は、こうした上司や先輩のように、高い技術力をもった技術者になることが目標です。またみなさん一人ひとりが、これだけは!という誰にも負けない分野を持つスペシャリスト集団です。私も今後はこれまで以上に積極的に案件にかかわり、経験を積むことでスペシャリストを目指していきたいと考えています。一方で、オフタイムもみんな仲がよく、技術部だけでなく、他部署の人とも飲みにいく交流も盛んです。最近では、休日には上司とゴルフに出かけるなど、良好な人間関係を築きやすいことも働きやすさの大きな理由だと思います。