research & development
研究開発

部品作りへのアプローチ

営業部門と研究・開発部門とが密接に連携し、お客様から「何を求められているのか」をいち早く捉え、多角的に検討・追及。これまでに蓄積したデータや経験をもとに研究、開発を進め、新たな製品を生み出しています。

新規ゴム材料開発の流れ

1

材料検討・配合検討

2

試作成形・試作製作

3

物性試験・物性評価

4

原因追求・物性改善

お客様の様々なご要望にお答えしています

お客様の要求品質やニーズに合う、ゴム・樹脂材料を提供するために自社のテクニカルセンターでは日々新素材の研究、開発を行っています。

  • ゴム材料の耐熱性、耐久性をアップしたい
  • 使用用途に適した材料を選定したい
  • 材料の滑りを良くしたい
  • 耐久試験、材料分析を依頼したい
  • 金属粉、セラミックス等をゴムに混ぜたい

etc…

上記のような内容でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

豊富な試験機

research-img-00.jpg

加圧ニーダー

research-img-01.jpg

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)顕微鏡付

熱プレス

加硫プレス

research-img-04.jpg

示差熱熱重量同時測定装置(TGDTA)

research-img-02.jpg

レオメーター・ムーニー粘度計

耐トラッキング試験機(噴霧法)

耐トラッキング試験機(噴霧法)

research-img-03.jpg

恒温槽付き万能試験機(オートグラフ)

3Dプリンタ

3Dプリンタ

試験設備リスト

  • 加圧ニーダー
  • ミキシングロール
  • 真空プレス
  • CNC円筒研削盤
  • 3Dプリンター

試験機リスト

  • ムーニー粘度計
  • レオメーター
  • 恒温恒湿槽
  • オゾンウェザーメーター
  • キセノンウェザーメーター
  • 耐トラッキング試験機
  • ヘイドン表面性試験機
  • 恒温槽付き万能試験機(オートグラフ)
  • 国際ゴム硬さ計
  • フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)顕微鏡付
  • 示差熱熱重量同時測定装置(TG/DTA)
  • ガスクロマトグラフ(GC)
  • 蛍光X線分析装置(ED-XRF)

テクノロジー
technology